バー・ショットバーの営業許可・

届出

 

BARショットバーカクテルバーワインバージャズバーピアノバーオーセンティックバー、、、 熊本市には 大人がお酒を愉しめるお店がたくさんあります。

 

 

これらBARやショットバーなどのお店を開店・開業する際には、法令で定められた手続きをきちんと守るようにしましょう。

 

 

BARやショットバーといえば、お酒・アルコールのお店というイメージですが、通常は、お酒とともに軽食のようなお料理もメニューに載っています。
飲み物・食べ物を作って出すという基本的な点では、BARやショットバーなども 他の業態の食べ物屋さんと 変わりはありません。
したがって、BARやショットバーなども、他の業態のお店同様、飲食店として 食品衛生法による規制を受けます。
食品衛生法では、飲食店は、開業・開店前に営業許可(飲食店営業許可)を取得しなければならないことになっています。
BARやショットバーなどを始めようという方は、必ず、開店・開業前に、食品衛生法に基づく営業許可を取得しましょう。

 

 

また、BARやショットバーなどは、大人のお店ですので、深夜まで営業するお店がほとんどです。
深夜営業をするお酒のお店は、風営法にもとづいて、「深夜酒類提供飲食店営業届出」 という手続きを行わなければなりません。
この 「深夜酒類提供飲食店営業届出」 をしていないお店は、原則として、午前0時以降はお店を営業することができませんので 注意が必要です。

 

 

ともかく、BARやショットバーなどを始めるなら、法令を守ることを 忘れないようにしたいものです。
せっかくの愉しいお店が摘発・処罰の対象となっては たまりません。

− 熊本市、バー・ショットバーの開店開業オープン

風俗営業許可|熊本市 中央区東区西区北区南区

ショットバーとは

 

熊本市には、ショットバーカクテルバーワインバージャズバーピアノバーオーセンティックバーなど、大人のお酒のお店がたくさんあります。

 

 

ショットバーは、一般的には、ワンショット、つまりお酒一杯ごとに注文できるお店のことを言います。
ボトルキープをしなくてもお酒を楽しめます。

 

 

ショットバーは、いわゆるオーセンティックバーに比べれば、よりカジュアルな雰囲気のお店です。
客層は、年配の方から、若い方、カップルと幅広い層に及びます。
ショットバーは、どちらかと言えばカウンター席がメインのお店ですが、たいていはテーブル席もあり、一人でも仲間とでも楽しめる雰囲気のお店と言えます。
テーブルチャージは、あっても比較的安めです。

 

 

ショットバーのメニューは、比較的手ごろな値段のものも多く、たくさんの種類のカクテルやお酒があります。
ワンショットで注文できるため、気軽にいろいろなカクテル・お酒をためしてみることができます。
カウンターに座ればバーテンダーの人とも話ができます。
知らないお酒のことを聞いてみるのもよいでしょう。
もちろん日常会話も気軽に楽しめます。

− 熊本市、バー・ショットバーの開店開業オープン

営業許可などのご依頼・ご相談は

 

バー・ショットバーなどの営業許可・届出手続代行なら、
法務堂事務所(ほうむどう) へどうぞ。

 

法務堂事務所は、熊本市中央区の行政書士事務所です。
ご依頼・ご相談は お気軽にどうぞ!

続きは こちらで

ショットバー開店開業オープン|熊本市 中央区東区西区北区南区